2017年12月31日日曜日

医者が教える食事術 最強の教科書 / 牧田 善ニ





牧田善ニさんというお医者さんが書かれた本

「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」という本を読みました。

ちなみに牧田善ニさんは、これ以外にも著書がたくさんありますが、

そのほとんどが糖尿病や糖質制限に関する本です。

なので、この本もかなり糖質制限重視で書かれていました。









一応、この本に書かれていた体にいい食べ物をまとめておきます。


*オリーブオイル

*ナッツ

*ワイン
-赤ワインはポリフェノールをたっぷり含み、白ワインはミネラル成分の影響でやせる効果があるそう。

*チョコレート
-こちらもポリフェノールたっぷり。カカオ含有量70%以上のものを選ぶと良いそう。

*大豆

*チーズ
-プロセスチーズではなく、ナチュラルチーズが良いそう。

*ブルーベリー

*コーヒー
-砂糖なしのブラックが良い。

*酢

*生もの










あと印象に残ったのは「坂道を歩く」のが体にいいと書いてあったことです。

イタリアのサルディーニャ島や、沖縄北部に暮らす人など、

長寿者の多くは坂の多い地域で生活しているから、という根拠でしたが、

どうなんでしょう。誰かちゃんと統計的に調べてほしい。








あとチョコレートはかなり推されていました。

122歳まで生きたフランス人のジャンヌ・カルマンという方や、

120歳まで生きたアメリカ人のサラ・ナウスという方も、

チョコレートが大好物だったそう。

砂糖を取りすぎないようにしないといけませんね。

この本を読んでの感想は以上です。





スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿